東京の葬儀における挨拶のマナー


近年は高齢者の増加や墓地の生前予約などで墓地を買うにしても場所待ちのケースも多く、なかなか以前の様な葬儀をあげにくい時代になっていますがやはり東京に住んでいた人でも亡くなった場合は必ずどの様な形式でも葬儀はあげなくてはいけません。しかし同時に忘れてはいけない事も有り、それを怠ると後でトラブルの原因にもなりますので気を付けましょう。 まずは東京在住の人でも都外に親族がいたり都外に先祖代々の菩提寺が有る場合は、もし本人が直葬にしてくれと遺言を残していたとしても、まず親族や菩提寺の住職に挨拶をして本人の希望を伝えた上でどの様に葬儀をあげるかを相談しましょう。もし遺言だからと言って勝手に直葬をあげて遺骨を菩提寺に納骨しようとしても、住職から断られるケースも有りますので最低限のマナーとして覚えておきましょう。 そして近年の東京在住の高齢者に多いのが身寄りの無い独居老人で知らないうちに亡くなっているケースも有りますので、それがもし自分の親族で有る場合は連絡を受けたら早めに遺言の有無を確認して本人の意思を尊重した上で親族に挨拶をして直葬にするか家族葬にするか相談をしてから式を行いましょう。 その時は必ずマナーとしてかかわりの有った人達に連絡を取って出欠の確認をし、先祖の墓に入れるかどうかそれとも納骨堂等に納めるかを親族や菩提寺の住職に相談した上で遺骨の行先を決める様にしましょう。最近は東京でも墓地は手に入れにくくなっていますので、納骨堂も一つのアイディアでもあります。